アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ベンツA170のある生活〜納車から廃車まで〜
ブログ紹介
物が人に如何なる影響を与えるのか(心おどる毎日へ?)
などと難しいことはほどほどにして、ごく普通に新車時から廃車になるまでの長いであろう日々をできるだけ詳しくレポートしたいと思います。でも、乗ってみるとやっぱりちょっとワクワクしますね。車の話題が途切れても、他の話題でつなぎますのでヨロシクね。しばらくのお休みのあと、2016年春復活!
zoom RSS

まさかのアルミテープ貼り付け失敗(>_<)

2018/01/23 06:42
画像
 先日、洗車機に入れて洗車しておりましたら、新車購入時から貼ってありました、排ガス適合?のステッカーがほろりと剥がれました。何かが剥がれたから、何かを貼ろうっていうわけでもありませんが、そろそろ買い置きしておいたあのアルミテープを貼ってみますかという、小さなきっかけになったかもしれません。もう、ほとぼりも冷めた頃でしょう。4枚あるうちの2枚を手に取り、マイA170に向かいます。残りの2枚は後々使う予備の2枚なのです。単に車に貼るだけですから、まっ、どの位置に貼るかなどの検討余地はあるものの、貼ること自体にそんな難しいことなどあるわけがないと思って、位置決めしたあと本体をパッと車体に貼って、上の透明シールをめくったわけなのですが・・・・。んっ、その透明シールがなかなか剥がれませんぞ。まずい、透明シールが小刻みに本体のアルミテープを引っ張るような感じになってしまって、アルミテープに細かな皺(しわ)ができちゃっています。あちゃ〜、これじゃダメだ。この細かい線が入った感じは、まるで、染色体の模式図のようです。なんでこうなるのかよくわからないまま、反対側のほうも、やってみますが、あちゃちゃ〜、こっちもダメだ。きれいに貼れずしわしわのぼこぼこした感じになってしまっています。ただ貼るだけなのにいきなりの失敗で、あっという間に2枚がパーになってしまいました。茫然自失とはきっとこのことでしょう。

 かっかきている頭をちょっとクールダウンし、冷静にこの事象を分析してみましょう。もう残り2枚しかないので、今度は絶対に失敗は許されません。貼ってあったアルミテープの見栄えが悪くなったら、予備としての2枚を使うっていう計画もご破算です。もう、退路はなくなりました。さて、そもそも、このアルミテープ製品は、本体の裏側にあるクリーム色したあて紙と本体の表側に貼ってある透明なシールの3層っていうか、3枚で成り立ってまして、本体裏のあて紙をはがして、車体に貼り、そののち、アルミテープの表側にある透明なシールをはがすわけです。どうやら、本体裏のクリーム色のあて紙を剥がして、アルミテープを車体に貼るまでは問題ありません。きれいに貼れてます。問題なのは、アルミテープと透明シールがとても剥がれにくいことなのです。もしかして、購入してからかなり日がたってますから、アルミテープと透明シールの間の、接着剤が劣化してしまっているのかもしれないし、或いは、今日なんかかなり寒い日だから、接着剤が幾らか固化してしまっているのかもしれない。とにかく、アルミテープから透明シールをはがす際に、何の抵抗もなく、ペロンと剥がれるようにしなければだめじゃないのかしら。恐らく、買ってすぐに、そんな寒くない日にでも貼っていれば、このような失敗はなかったのでしょうけど、長い年月と寒い気温で接着性が変化してしまったのでしょう。

 もう失敗しない為に、まず浮かんだのが、ヘアードライヤーかなんかで、温めながら透明シールをはがせばいいのじゃないかという対応策ですね。接着剤をとにかく柔らかくしないとだめで、その為には、温めることが必須だと思ったわけです。なかなかいい考えだと思ったのですが、参りました。肝心のヘアードライヤーがありません。仮に、もしあったとしても、コンセントなどありませんし、コードも長く必要になるでしょうし・・・。ヘアードライヤー案没!代わりに浮かんできたのが、お湯をかける案です。アルミテープから透明シールを剥がすときに、熱いお湯をかけながら剥がすのです。ちょっと乱暴なやり方ですが、お湯はポットに入れて持っていけばいいし、特に道具も必要ないし、この方法を使って、アルミテープの貼り付けに再挑戦することにしました。(冒頭の写真にありますように)結果は思った通りの大成功でして、きれいに車体前部の両側に貼ることができました。貼ってみた感想としましては、走りが変わったとかは、全く実感できませんが、アルミで光を反射するためか意外と目立ちますね。このアルミテープのいきさつを知らない人にとっては、何のために貼ってあるかさっぱりわからないでしょうが、単なるかっこつけの為だけです。ただ、洗車する際などに、洗車機などに入れてほろりと剥がれてしまっても惜しいので、しばらくはこの寒い中、手洗いでの洗車になりそうです。

 他に、A170ちゃんの近況っていえば、レザー調のシートカバーをすべてとりはずしたことがありますね。グレーとブラックのツートンカラーで、とてもお気に入りでしたのですが、さすがに、くたびれた感じがありありでした。一旦素に戻るっていうわけでもありませんけど、シートカバーのこすれややれが目立ってきましたので、寿命と考え、すべて廃棄処分といたしました。長い間カバーをかけていましたので、本体のシートがカビていたりしていたらどうしようかと思っていたのですが、特にカビも汚れもなく、きれいな状態でその姿を10年ぶりぐらいに現したのでした。思い返せば、新車購入からわりかしすぐにシートカバーをしましたので、そもそものシートの着座感っていうのをじっくり味わったことがありません。しばらくは、カバーを全くしないでそもそものシートを堪能してみたいと思います。このシートカバーを取り付ける際はかなり苦労しましたので、取り外す際には楽をしたいと思い、道具を使うことにしました。レザー調のシートカバーをスパッと切るには、レザー調の・・・。あっ。レザーマンを使おう。持ってたんでしたっけ、レザーマン(下の写真参照です)。あまり使わないので、引き出しの奥に眠っていたのでした。ススーっとシートカバを切り裂いて、市の清掃センターに持っていたのでした。さて、ボロボロになるまで素のシートを嗜んだあとは、いよいよレカロシートへの交換ですかな。

画像









レザーマン WAVE マルチプライヤー [ ブラック / MOLLEブラックシース ] |Leatherman ペンチ 携帯工具 マルチツールナイフ 十徳ナイフ 十得ナイフ 万能ナイフ サバイバルツール
ミリタリー&輸入雑貨 レプマート
レザーマン ウェーブ マルチツール旧ウェーブをさらに進化させた新型WAVEマルチプライヤーです。ハン


楽天市場 by レザーマン WAVE マルチプライヤー [ ブラック / MOLLEブラックシース ] |Leatherman ペンチ 携帯工具 マルチツールナイフ 十徳ナイフ 十得ナイフ 万能ナイフ サバイバルツール の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

ベンツA170のある生活〜納車から廃車まで〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる